肥満症・便秘を改善したい人におすすめの「防風通聖散」

五苓散と防風通聖散の成分や効果の違いを紹介

「五苓散」と「防風通聖散」だと、どっちがダイエットに効果的なのか?

 

生薬と効能を調べて、どのような『痩せる効果』があるのか調査したので紹介します。

五苓散の生薬と効能

  • 猪苓(チョレイ)・蒼朮(ソウジュツ)・茯苓(ブクリョウ) ⇒ 利尿作用
  • 沢瀉(タクシャ) ⇒ 不要な水分を排泄する、むくみ改善
  • 桂皮(ケイヒ) ⇒ 血行を良くする、冷え性改善

五苓散は水分の循環を正常にする効果があります。

 

利尿作用が高く、余分な水分が排出され、むくみ改善に繋がります。

 

脂肪を減らしたい人よりも、水太りで悩んでいる人に効果がある漢方薬です。

防風通聖散の生薬と効能

  • 当帰(トウキ)・川きゅう(センキュウ)・生姜(ショウキョウ) ⇒ 血行・冷え性・むくみ改善
  • 山梔子(サンシシ)・芍薬(シャクヤク) ⇒ 血行・肩凝り改善
  • 硫酸ナトリウム・桔梗(キキョウ)・大黄(ダイオウ) ⇒ 便秘解消
  • 防風(ボウフウ)・黄ごん(オウゴン)・石膏(セッコウ)・白朮(ビャクジュツ) ⇒ 利尿作用
  • 麻黄(マオウ)・滑石(カッセキ) ⇒ 不要な水分を排泄する、むくみ改善
  • 連翹(レンギョウ)・荊芥(ケイガイ)・甘草(カンゾウ) ⇒ 鎮痛・鎮静作用
  • 薄荷(ハッカ) ⇒ 胃腸機能の向上・殺菌作用

防風通聖散は、血行を良くして代謝を上げる作用があります。
そのため脂肪燃焼効果が上がり、いつも以上にカロリーを消費するようになります。

 

血行が良くなるとむくみも改善されていくので、水太りの人も効果が期待できますね。

 

また、便秘を解消する生薬も含まれており、ポッコリお腹で悩んでいるときにもオススメです。
お腹周りの脂肪によく効くので、スッキリしたお腹になれますよ。

脂肪燃焼効果が高いのは防風通聖散です

五苓散はむくみを改善したり、体内の余分な水分を排出する効果はありますが、脂肪を減らす効果はあまり感じられません。

 

体がいつも冷たい・痩せにくい・顔がむくみやすいなどの水太りの症状がある人は、五苓散で体の水分の巡りを正常に戻して、老廃物を出しましょう。

 

一方、防風通聖散は代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくしてくれるので、なかなか痩せない人にも効果が出やすいです。

 

むくみだけでなく脂肪を落としてダイエット効果を感じたときは、「防風通聖散」を選ぶのがいいでしょう。

五苓散と防風通聖散は一緒に飲んでもいいの?

五苓散と防風通聖散は、生薬の種類が違うので併用しても問題はありませんが、体調が悪いときに飲んでしまうと、副作用の症状が起こる可能性もあります。

 

かゆみや胃の不快感など違和感を感じたときは、併用をやめて下さい。

 

まずは片方どちらかを試し、様子を見てみるのが安心ですね。

肥満症・便秘を改善したい人におすすめの「防風通聖散」