漢方薬は医療費控除の対象になる?

病気治療のために使うのであれば対象になります。

漢方薬でできるだけ体重を落としたい人は長く使っていかないとなかなか効果が出ません。

 

例えば市販の防風通聖散は1箱(1瓶)5,000円前後するものが多く、決して安い買い物ではありません。
できれば医療費控除の対象になればうれしいですよね…。

 

漢方薬は動物や植物、鉱物が使われているため、サプリや健康食品に近くて医療費控除の対象外だと思っている人が多いですが、病気の治療ために購入するものであれば医療費控除の対象となります。(それ以外だと対象外)

 

例えば対象になるケースとして、
風邪をひいたときに処方される葛根湯や麻黄湯
頭痛で処方される当帰芍薬散
アレルギーで処方される小青龍湯など、
他にもいくつかあります。

 

防風通聖散もひどい便秘症や肥満症で医師から処方されたものであれば対象になりますが、生漢煎のようにネット通販で購入できるものは対象外になり自腹購入が原則だと思っておいてください。

今後のために、レシートや納品書は保存しておこう!

従来の医療費控除は年間医療費が10万円を超えた時(年収311万6,000円未満なら、10 万円以下)に超えた分が還付される仕組みですが、実際のところ年間10万円を超える医療費を使う家庭はそれほど多くありません。

 

そこで特例として平成29年1月1日から
セルフメディケーション税制”が施行されています。
これは個人の健康増進の目的のため、
「スイッチOTC医薬品」を決められた上限以上購入した時に税金が還付される仕組みです。

 

具体的には平成33年中までに一年で自分と扶養家族が使う分を合わせて、1万2千円を超えるスイッチOTC医薬品を購入した場合に総所得金額から控除されます。※上限は8万8千円で、医療費控除との併用はできません。

スイッチOTC医薬品とは?

医療用医薬品の強い効き目を持つ成分が使われている、ドラッグストアなどで購入できる医薬品のことを指し、平成28年12月時点で1555品目が指定されています。

セルフメディケーションとは?

自己治療という意味で、自分で健康管理をすれば医療費の増加を防ぐことができるというのもこの制度を規定した目的の一つです。

防風通聖散はスイッチOTC医薬品?

現在、ツムラやクラシエが販売している防風通聖散はスイッチOTC医薬品に指定されていますが、生漢煎などのネット通販商品は指定されていません。

 

もしかすると今後指定されたり、この制度の内容が見直され変更する可能性もあるため、購入時に一緒に送付された納品書や明細書は1年分保存しておくと良いでしょう。

肥満症・便秘を改善したい人におすすめの「防風通聖散」